加工技術紹介 / コーティング加工

グラビアコート

グラビア版と呼ばれるロールの表面には無数の小さいくぼみがあり、そのくぼみに入れた塗剤を原紙に転写させる方式です。薄膜のコーティングを行う場合に適しています。

東京セロレーベルではリバースコートや小径グラビアでのコーティングも可能です。また、UV硬化装置や欠点検査装置も装備しています。

コンマコート

コンマロールとコーティングロールの間の狭い隙間で塗布量を調整して、その間に原紙を通すことによりコートする方式です。厚盛りのコーティングを行う場合に適しています。

東京セロレーベルではクリーンレベル100(コーター部)でのコーティングが可能で、欠点検査装置も装備されています。

その他のコーティング方式

リップコーターは給液から塗工まで塗液を密閉状態にして、空気に触れさせずにコーティングすることが可能なコーティング方式です。光学フィルムなど高精度なコーティンクが要求される製品に用いられます。

東京セロレーベルではクリーンレベル100(コーター部)でのコーティングが可能で、欠点検査装置の他、コロナ処理装置やEB硬化装置も装備しています。

この他にも、CED、チャンバードクターのコーティング方式が可能です。

お問合せ先

株式会社東京セロレーベル
info@cellolabel.co.jp
インターネットからのお問合せ・お見積はこちらから
本社・本社工場:〒615-0051 京都市右京区西院安塚町21
製品サンプル・カタログ請求などお気軽にお問合せください。
  • お電話でのお問合せはこちらから 075-313-2021
  • FAXでのお問合せはこちらから 075-321-1267

加工技術紹介

お問合せ先

株式会社東京セロレーベル

TEL:075-313-2021
〒615-0051
京都市右京区西院安塚町21
FAX:075-321-1267
Mail:info@cellolabel.co.jp

お問合せはこちら
このページの先頭へ戻る